大林組

白石社長が辞任へ リニア談合事件で引責

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
白石達社長
白石達社長

 大手ゼネコン・大林組(東京都港区)は23日、同日の取締役会で社長交代などを決議したと発表した。白石達(しらいし・とおる)社長(70)が3月1日付で退任し、蓮輪賢治(はすわ・けんじ)専務執行役員(64)が新社長に就任する。

 また、土木担当の土屋幸三郎副社長(66)は23日付で副社長を辞任し、24日付で嘱託になる。

 同社は社長交代の理由について、リニア中央新幹線の建設工事を巡る談合事件で同社が捜査対象になっていることを挙げ、「当局による判断はこれからの状況にありますが、執行体制を一新し、真相解明やコンプライアンス体制の整備を行うとともに、将来に向けた経営のかじ取りを早期にスタートすることが必要と判断した」としている。また、土屋副社長の辞任については「本人から一身上の都合により、副社長を辞任したい旨の申し出が…

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文486文字)

あわせて読みたい

注目の特集