メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪

乗らなきゃよかった首都高 山手トンネルで立ち往生

大雪の影響で通行止めとなった首都高7号線で行われた除雪作業=東京都墨田区で2018年1月23日午前7時58分、本社ヘリから

 4年ぶりに積雪が20センチを超える大雪に見舞われた東京都心。23日も高速道路では通行止めが続き、鉄道や空の便も運休や遅れが出た。深夜に長時間、渋滞に巻き込まれたドライバーもおり、首都圏は2日間にわたり雪に振り回された。【渡邊暢】

 「山手トンネルに突入後もうすぐ9時間が経(た)とうとしております。まさに生き地獄」。23日午前4時ごろ、ツイッターにこんな一文が投稿された。首都高速中央環状線の「山手トンネル」(東京都品川区-豊島区、全長18.2キロ)を走行していたドライバーとみられる。

 首都高速道路会社によると、22日午後7時半ごろ、中央環状線外回りの西新宿ジャンクションで、地下の山手トンネルから出ようとしていたトレーラーが積雪のため立ち往生した。この影響で後続車は身動きがとれず、最大10キロの渋滞が発生した。この日夜には、バスから降りたとみられる乗客たちが、トンネル内を歩いて移動し、非常用の出口から地上に出る姿も確認されたという。

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  2. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです