メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬

草津白根山が噴火 スキー場で雪崩、4人被害か

噴火した草津白根山の火山灰で覆われた山。中央はスキー場=群馬県草津町で23日午後0時10分、本社ヘリから
草津白根山から立ち上る噴煙と噴石=草津白根山ゴンドラ雲上ライブカメラの映像から(草津温泉観光協会提供)

 気象庁は、草津白根山(群馬、長野県境)が23日午前10時ごろ噴火した模様と発表した。振幅の大きい火山性微動を観測した。一方、同日午前10時10分ごろ、群馬県草津町の草津国際スキー場で雪崩が発生した。4人ほどが巻き込まれたと吾妻広域消防本部に119番が入った。雪崩が起きたのはスキー場の清水沢付近。スキー場では停電が発生した。

 陸上自衛隊によると、群馬県草津町の雪崩に陸自第12旅団(司令部・群馬県榛東村)の複数の隊員が巻き込まれたという情報がある。冬季訓練中だったとみられる。陸自が安否などを調べている。

 吾妻広域消防本部によると、噴火によって飛んできた噴石などでスキー場のロープウエーの窓が割れて、少なくとも15人のけが人がいるという。

 気象庁は噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から3(入山規制)に引き上げ、鏡池付近から2キロの範囲で噴石などに注意するよう呼びかけている。【杉直樹、伊藤奈々恵、前谷宏】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  2. 殺人容疑 2歳長男の首絞め殺害 18歳母を逮捕 青森
  3. 金の言葉 羽生結弦 平昌五輪2018/2 やめなきゃいけなくなったら… 右足首のけが
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 熊本・乳児殺害 覚醒剤を飲ませて 懲役16年確定へ 上告棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]