メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

屋根突き破る噴石 地元役場「煙見えた」

草津白根山から立ち上る噴煙と噴石=草津白根山ゴンドラ雲上ライブカメラの映像から(草津温泉観光協会提供)

 黒い噴煙が立ち上った。23日午前、噴火した群馬県の草津白根山。噴石でけが人が出たほか、近くの草津国際スキー場では雪崩が発生した。

 「黒っぽい噴煙が1本、曇り空に高く上がっているのが見えた」。草津町役場の職員、宮崎健司さん(46)は不安そうに話した。草津温泉観光協会のライブカメラの映像では、黒い噴煙が上がり、噴石のようなものが飛んでいるのが確認できた。

 草津町役場によると、23日午前11時過ぎ、草津国際スキー場から「本白根山が噴火した」との電話があった。噴火の音は聞こえなかったという。電話を受けた職員が外に出ると、雲と混ざるようにして黒い噴煙が上がっているのが見えた。「もくもくという感じではなく、すーっと上っていくような噴煙だった」という。役場は本白根山から7~8キロ離れている。晴れていれば山容が見えるが、雪が降っているため確認できないという。

この記事は有料記事です。

残り132文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです