京大研

捏造、研究に一般寄付金 iPS基金から230万

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京都大iPS細胞研究所で発覚した山水(やまみず)康平・特定拠点助教(36)による論文の捏造(ねつぞう)・改ざん問題で、京大は23日、論文の研究に一般の人からの寄付金「iPS細胞研究基金」の約230万円が使われていたことを明らかにした。

 山中伸弥研究所長は22日の記者会見で「多くの方からのご支援の一…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文347文字)

あわせて読みたい

注目の特集