本田圭佑

難民や恵まれない子に希望を サッカー通じ支援

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
本田圭佑=長谷川直亮撮影
本田圭佑=長谷川直亮撮影

 メキシコ1部リーグでプレーするサッカー日本代表FW本田圭佑(パチューカ)が社会貢献活動に力を入れている。昨年12月には運営に携わるサッカースクールのコーチらがアフリカで長期的な無料サッカー教室を開始。難民や恵まれない子供が希望を持てる場の提供を目指す。選手、起業家、教育者--。多くの肩書を持つ31歳の根底にある思いとは。

 アフリカでの支援活動は昨年6月、ウガンダ訪問が始まりだった。アフリカ最大となる約100万人の難民受け入れ国で、孤児院などの現状を目の当たりにした。ビニール袋を丸めてバナナの皮で巻いたボールを追う子供たち。「難民の子供たちにも夢を追えるような環境や機会を提供できるように」。思いを受け継いだコーチらが計画を進めた。

この記事は有料記事です。

残り691文字(全文1010文字)

あわせて読みたい

ニュース特集