メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

3月正式合意なるか 首席交渉官会合始まる

TPP参加11カ国の首席交渉官会合であいさつする茂木敏充経済再生担当相(左)=東京都新宿区で2018年1月22日午前10時7分、浜中慎哉撮影

 米国を除く環太平洋パートナーシップ協定(TPP)参加11カ国の首席交渉官会合が22日、東京都内で始まった。日本は23日までの会合で、昨年11月の大筋合意で継続協議となった課題を解決し、正式合意にあたる署名式を3月上旬に開くことで合意したい考え。しかし、カナダは早期署名に慎重姿勢を崩していない。

 「正式合意は近い。残された課題を解決し、協定文を固め、署名式の候補日を決めることを強く望んでいる」。TPP担当の茂木敏充経済再生担当相は22日の会合で、各国に意見集約を促した。

 これまでの交渉では、米国を含む12カ国で合意した内容のうち、22項目を米国が復帰するまで実施を先送…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文604文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです