自民

「借りたつもり…」園田博之氏、現金授受認める

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 NPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」(兵庫県西宮市)から2013年に現金200万円を受領しながら、政治資金収支報告書に記載しなかったとされる問題で、自民党の衆院議員、園田博之元官房副長官(75)は22日、毎日新聞の取材に初めて応じ、授受を認めた。園田氏は「借りたつもり。返さないといけない」と語った。

 政治資金規正法の規定では、200万円が政治資金であれば借入金でも報告書への記載義務がある。さらに協会側は「貸したのではなく寄付した」と説明しており、主張が食い違う。

この記事は有料記事です。

残り195文字(全文433文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集