メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

所属する助教による論文の不正行為が判明し、記者会見で目を閉じる山中伸弥・京都大iPS細胞研究所所長=京都市左京区で2018年1月22日、小松雄介撮影

山中所長「失われた信頼を一刻も早く取り戻す」

 一流の研究者をそろえ、日本の再生医療をけん引する京都大iPS細胞研究所で明らかになった論文データの捏造(ねつぞう)・改ざん問題。「失われた信頼を一刻も早く取り戻せるよう、一丸となってやっていきたい」。記者会見に臨んだ山中伸弥所長は再出発を誓ったが、傷ついた威信を取り戻すのは容易ではない。【池田知広、大久保昂】

 「やってきたことが不十分だった。強く後悔し、反省している」

この記事は有料記事です。

残り1652文字(全文1860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  3. 女子テニス 「今、疲れてる」凱旋試合の優勝阻まれた大坂
  4. 日テレ系列 広島テレビなど放送中断 中継回線の不具合
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです