メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春日大社

最古級の日本刀「古伯耆物」 平安時代末期

最古級の日本刀であることが分かった太刀の刀身=奈良市の春日大社で2018年1月22日、小関勉撮影

 春日大社(奈良市)は22日、所蔵する太刀1本を研磨した結果、日本刀の原型が成立した最初期である平安時代末期ごろに作られた「古伯耆物(こほうきもの)」と呼ばれる最古級の日本刀と判明した、と発表した。現存する鎌倉時代以前の刀剣の中でも長寸の刃長82.4センチで、製作した当時の形がほぼ残っており、貴重という。

 1939(昭和14)年に大社宝庫の解体修理をした際に天井裏から発見された太刀12本のうちの1本。刀身がさびていた太刀について2015年から順次、刀剣研磨師の人間国宝、本阿弥光洲(ほんあみ・こうしゅう)さんに研磨してもらっており、今回の太刀が4本目だったという。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

  4. 千葉・市川市立の全小中を休校 フィットネスクラブ利用の3人感染判明で

  5. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです