メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春日大社

最古級の日本刀「古伯耆物」 平安時代末期

最古級の日本刀であることが分かった太刀の刀身=奈良市の春日大社で2018年1月22日、小関勉撮影

 春日大社(奈良市)は22日、所蔵する太刀1本を研磨した結果、日本刀の原型が成立した最初期である平安時代末期ごろに作られた「古伯耆物(こほうきもの)」と呼ばれる最古級の日本刀と判明した、と発表した。現存する鎌倉時代以前の刀剣の中でも長寸の刃長82.4センチで、製作した当時の形がほぼ残っており、貴重という。

 1939(昭和14)年に大社宝庫の解体修理をした際に天井裏から発見された太刀12本のうちの1本。刀身がさびていた太刀について2015年から順次、刀剣研磨師の人間国宝、本阿弥光洲(ほんあみ・こうしゅう)さんに研磨してもらっており、今回の太刀が4本目だったという。

 持ち手付近からの反り方など最初期の特徴を備えていたうえ、焼き入れの際に刃の表面に入った模様の特徴などから、伯耆国(現在の鳥取県)で作られた古伯耆物と分かった。製作者の銘は無いものの、調査した東京国立博物館の酒井元樹・主任研究員によると、国宝「童子切(どうじぎり)」(同博物館蔵)で知られ、同時代に活躍した刀工、安綱(やすつな)が製作した可能性があるという。

 大社は、平安時代から続く武家に伝えられていたものが、南北朝~室町初期に奉納されたと推測。外装は、中世の武士が常用していた「黒漆(こくしつ)太刀」と呼ばれる作りだが、その前には別の外装が施されていたとも考えられるとしている。

 30日から大社の創建1250年を記念した展示「伝説の名刀たち」(国宝殿で3月26日まで)で一般公開される。【中津成美】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 広島県警 防犯カメラに逃走受刑者か 向島北部
  4. 総務相 スマホ「4年縛り、説明徹底を」 指針改正へ
  5. 有働由美子アナ マツコさんと同じ芸能事務所に所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]