メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐阜・海津

「蔵出しみかん」甘みをじっと蓄え

ひんやりとした貯蔵庫で甘みが引き出される「蔵出しみかん」=岐阜県海津市南濃町松山で、兵藤公治撮影

 岐阜県海津市で、特産の「蔵出しみかん」が貯蔵庫内で甘みを蓄え、出荷を待っている。

 海津市南濃町松山の生産農家、川合聡さん(55)の貯蔵庫は木造の土壁で、地下から冷たい外気を入れて室内の暖気を屋根の換気口から出し、室温を5~7度、湿度を70%に保っている。12月上旬に収穫されたミカンは約40日間熟成させると、酸味が抜けて甘みが引き出される。

 川合さんは「今季は、昨年5月の開花時期の低温が影響したのか、例年の3割しか収穫できなかった。地域全体でも収穫量は少ないので、見かけたら早めに購入してください」と話す。

 20日から出荷作業が始まり、道の駅「月見の里南濃」やJAの「ファーマーズマーケット南濃店」で販売されている。【兵藤公治】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 「日大選手、かわいそう」被害者の父が投稿
  3. 森友交渉記録 「安倍晋三小」14年認識 近畿財務局
  4. 日大 内田監督 誠意なき辞任 「かんさいがくいん」と何度も間違い……(スポニチ)
  5. 警視庁 クラブ店長を大麻所持容疑で逮捕 客に販売か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]