メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公安審査委

「アレフ」など観察処分更新

 公安審査委員会(房村精一委員長)は22日、団体規制法に基づくオウム真理教への観察処分を2月から3年間更新する決定をした。後継主流派「アレフ」と、元幹部の上祐史浩氏(55)が2007年に分かれて設立した「ひかりの輪」、前回の更新決定(15年1月)以降にアレフから分派した新集団を処分対象とし、3集団に通知した。

 公安審の決定を巡っては、東京地裁が昨年9月、ひかりの輪が教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(62)…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1473文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. しまねの高校探訪 隠岐水産/浜田水産 /島根

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです