メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名大チーム

植物の成長解明へ前進 ホルモンと受容体作製

 植物ホルモン「オーキシン」と、それが働くために必要なたんぱく質の「受容体」を人工的に作製し、根や茎の形成など作用の制御に成功したと、鳥居啓子・名古屋大教授(植物科学)らの研究チームが23日、英科学誌に発表した。特定の組織や器官に働かせることができ、成長促進剤などへの応用が期待されるという。

 オーキシンは130年以上前、進化論で有名なチャールズ・ダーウィンが存在を予言。茎が光の、根が重力の方向に伸びる現象や、…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです