メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名大チーム

植物の成長解明へ前進 ホルモンと受容体作製

 植物ホルモン「オーキシン」と、それが働くために必要なたんぱく質の「受容体」を人工的に作製し、根や茎の形成など作用の制御に成功したと、鳥居啓子・名古屋大教授(植物科学)らの研究チームが23日、英科学誌に発表した。特定の組織や器官に働かせることができ、成長促進剤などへの応用が期待されるという。

     オーキシンは130年以上前、進化論で有名なチャールズ・ダーウィンが存在を予言。茎が光の、根が重力の方向に伸びる現象や、根の枝分かれ、花芽の形成などにも関わる。単純な化合物なのに、なぜ多彩な働きがあるのか謎が多い。

     チームは、分子構造に天然にはない突起を持つ人工のオーキシンと、突起が結合する鍵穴のような構造を持つ受容体を作製。改変受容体を導入したシロイヌナズナで実験すると、多数の側根ができたり、芽が光を求めて急激に成長したりした。改変受容体は狙った組織や器官にのみ導入することもできる。

     一方、天然のシロイヌナズナは人工オーキシンに反応しなかった。このため生態系を乱す恐れがないという。鳥居教授は「オーキシンは全ての細胞で作られているが、今回作用をピンポイントで解析できる仕組みができた。働きの解明と利用が進むだろう」と話す。【須田桃子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    2. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
    3. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
    4. 青森4人死亡 飲酒運転で速度超過 32歳容疑者を逮捕
    5. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです