名大チーム

植物の成長解明へ前進 ホルモンと受容体作製

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 植物ホルモン「オーキシン」と、それが働くために必要なたんぱく質の「受容体」を人工的に作製し、根や茎の形成など作用の制御に成功したと、鳥居啓子・名古屋大教授(植物科学)らの研究チームが23日、英科学誌に発表した。特定の組織や器官に働かせることができ、成長促進剤などへの応用が期待されるという。

 オーキシンは130年以上前、進化論で有名なチャールズ・ダーウィンが存在を予言。茎が光の、根が重力の方向に伸びる現象や、…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

あわせて読みたい

注目の特集