メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名大チーム

植物の成長解明へ前進 ホルモンと受容体作製

 植物ホルモン「オーキシン」と、それが働くために必要なたんぱく質の「受容体」を人工的に作製し、根や茎の形成など作用の制御に成功したと、鳥居啓子・名古屋大教授(植物科学)らの研究チームが23日、英科学誌に発表した。特定の組織や器官に働かせることができ、成長促進剤などへの応用が期待されるという。

 オーキシンは130年以上前、進化論で有名なチャールズ・ダーウィンが存在を予言。茎が光の、根が重力の方向に伸びる現象や、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです