メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

一本足打法、片平晋作さん68歳=南海や西武で活躍

片平晋作さん

 プロ野球の南海(現ソフトバンク)、西武などで活躍した片平晋作(かたひら・しんさく)さんが22日、膵臓(すいぞう)がんのため死去した。68歳。同日、西武が発表した。通夜と葬儀は未定。

     大阪府出身。大阪・上宮高、東京農大を経て、1972年にドラフト4位で南海に入団。一塁手で、打撃では王貞治氏の一本足打法を取り入れたことで知られる。82年に西武へ移籍し、同年の中日との日本シリーズ第6戦で七回に決勝ソロを放ち、西武として初の日本一に貢献。87年に大洋(現DeNA)に移籍し、89年で現役を引退した。通算成績は1181安打、176本塁打、601打点。

     引退後は西武2軍監督などを歴任。女子プロ野球チームの監督も務めた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 声優・金元寿子、海外留学のため休業へ 来年3月復帰予定
    2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
    3. 東京・六本木 「アートナイト」始まる 光の巨人も登場
    4. アメフット 関学大が日大定期戦を中止、回答に誠意認めず
    5. 葬儀 「夫死んでもこんなに泣かない」西城さんファン参列

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]