メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大砂嵐事故

捜査後に相撲協会危機管理委が本格的に調査へ

囲み取材を受ける大砂嵐=東京・両国国技館で2018年1月21日、渡部直樹撮影

 大相撲の十両・大砂嵐(25)=大嶽部屋=が車を運転中に追突事故を起こしていた問題で、日本相撲協会は22日、長野県警の捜査後に危機管理委員会が本格的に調査し、大砂嵐の処分を検討することを決めた。春日野広報部長(元関脇・栃乃和歌)が明らかにした。

 協会は同日、県警へ事故状況を電話で確認。今後は県警の捜査の状況について、大砂嵐の弁護士を通じて問い合わせる。春日野部長は「先走ったことはしない」と説明した。【飯山太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです