メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

今こそ「リベラル」では=与良正男

 民進党と希望の党の統一会派話が白紙になった17日夜、私は立憲民主党の枝野幸男代表とともにBS11の報道番組に出ていた。番組で、この30年近くの政党の離合集散史を振り返った際、私はこんな話をした。

 「私は今でも、さきがけという政党を高く評価している」--。

 若い人には説明が必要だろう。さきがけは1993年、自民党を飛び出した武村正義氏らが結党した。翌年、自民、社会両党が組んだ村山富市政権に加わるが、後に鳩山由紀夫氏が武村氏ら年長議員を「排除」(当時も流行語になった)して民主党を結成。分裂、解党の道をたどる。

 この話をしたのは、枝野氏もさきがけに属していたという理由だけではない。リベラルとは何かを考える時、…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです