メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

今こそ「リベラル」では=与良正男

 民進党と希望の党の統一会派話が白紙になった17日夜、私は立憲民主党の枝野幸男代表とともにBS11の報道番組に出ていた。番組で、この30年近くの政党の離合集散史を振り返った際、私はこんな話をした。

 「私は今でも、さきがけという政党を高く評価している」--。

 若い人には説明が必要だろう。さきがけは1993年、自民党を飛び出した武村正義氏らが結党した。翌年、自民、社会両党が組んだ村山富市政権に加わるが、後に鳩山由紀夫氏が武村氏ら年長議員を「排除」(当時も流行語になった)して民主党を結成。分裂、解党の道をたどる。

 この話をしたのは、枝野氏もさきがけに属していたという理由だけではない。リベラルとは何かを考える時、…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文909文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

  3. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  4. 全国高校ラグビー 県予選 日川圧勝、12トライ 笛吹、東海大甲府とともに4強 /山梨

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです