来年度予算案 災害に自転車活用 整備事業に1.2億円 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 首都直下地震などの大災害が発生した後の移動手段として自転車の活用を促そうと、都は来年度予算案に、自転車整備事業として1億2000万円を計上した。いざという時に自転車が使える状態を保つため、定期点検に対して1台に1000円程度の補助を出す想定。都によると、点検に助成するのは全国的にも珍しいという。

 都内では震度6弱以上の大震災が発生すれば、環状7号線から都心方向の一般車両の流入が規制され、車での移動が難しくなる。都が来年度予算案について都民からアイデアを募集したと…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

あわせて読みたい

注目の特集