メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桑名市

桑名駅自由通路、負担21億円増 国補助金減少で /三重

 桑名市は23日、桑名駅の東西を自由に往来できる通路と駅舎の整備事業費について、国の補助が減少するのに伴い、市の負担分が当初の見込みより約21億円も増える見通しを明らかにした。市は貯金に当たる基金を取り崩すなどしてやり繰りする方針だ。工期は変更せず、2020年度の完成を目指す。【松本宣良】

 市議会の全員協議会で報告した。市によると、当初は事業費約97億円のうち、市負担は約45億円で、残りを国費で賄う予定だった。

 しかし、昨年11月に国から駅舎部分の補助率を引き下げる方針が伝えられ、市負担が約66億円に膨らんだという。このうち地方債(約47億円)を除いた一般財源は約19億円で、当初予定の約2億円より約17億円増える見通しだ。市は「財政的に厳しい状況だが、他の事業に影響が出ないよう、財政調整基金などを活用して進めていくしかない」としている。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 成人式前後に会食、新成人らクラスター 金沢市などの6人感染 新型コロナ

  2. 自公、北海道2区補選で「不戦敗」選択 惨敗すれば首相の責任論 吉川元農相在宅起訴

  3. 保健所の職員定員増求め署名提出 大阪府職労が6万人分 「疲弊は限界」

  4. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

  5. 大学入学共通テストは英文字入ったマスク禁止 でもSHARPマスクは「使えます」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです