メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

桑名市

桑名駅自由通路、負担21億円増 国補助金減少で /三重

 桑名市は23日、桑名駅の東西を自由に往来できる通路と駅舎の整備事業費について、国の補助が減少するのに伴い、市の負担分が当初の見込みより約21億円も増える見通しを明らかにした。市は貯金に当たる基金を取り崩すなどしてやり繰りする方針だ。工期は変更せず、2020年度の完成を目指す。【松本宣良】

 市議会の全員協議会で報告した。市によると、当初は事業費約97億円のうち、市負担は約45億円で、残りを国費で賄う予定だった。

 しかし、昨年11月に国から駅舎部分の補助率を引き下げる方針が伝えられ、市負担が約66億円に膨らんだという。このうち地方債(約47億円)を除いた一般財源は約19億円で、当初予定の約2億円より約17億円増える見通しだ。市は「財政的に厳しい状況だが、他の事業に影響が出ないよう、財政調整基金などを活用して進めていくしかない」としている。

この記事は有料記事です。

残り310文字(全文683文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです