メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
阪神大震災23年

復興撮り続け20年、故・大木本さん 使命胸に2万2000枚残す 神戸大で写真展 来月1日まで /兵庫

震災直後と復興した街並みを撮影した大木本美通さんの写真展=神戸市灘区の神戸大で、米山淳撮影

 阪神大震災から復興に向かう神戸の街を20年間、愛用のフィルムカメラで撮り続けた元テレビ局カメラマン、大木本美通(よしみち)さんが昨年7月、79歳で亡くなった。「報道マンには撮り続ける使命がある。形に残さないと意味がない」という思いで撮影した写真は約2万2000枚。写真は神戸大(神戸市灘区)に寄贈され、約30枚がキャンパス内の社会科学系図書館で2月1日まで展示されている。【米山淳】

 地震発生の1995年1月17日朝、朝日放送神戸支局の専属カメラマンをしていた大木本さんは、ドイツ製…

この記事は有料記事です。

残り679文字(全文921文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  2. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. あおり運転も立件方針 暴行や道交法違反容疑視野 映像で悪質性判断 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです