メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

巨大アート

古里への思い、仲間と絵に 生徒ら共同制作に挑戦 豊岡・田鶴野小 /兵庫

古里への思いを描いた6年生の作品(上)と3年生の作品(下)=兵庫県豊岡市野上の市立田鶴野小学校で、柴崎達矢撮影

 古里への思いを絵にする共同制作が豊岡市野上の市立田鶴野小学校であり、23日、作品が完成した。風景を大きな絵にすることで、故郷への愛着とこの地で育った誇りを持ってもらうための企画。養父市大屋町の画家、田中今子さん(54)の指導で3、6年生が挑戦し、特に6年生にとっては卒業制作となる。【柴崎達矢】

 作業は16、23日の2回に分けて行われた。16日は、6年生が縦90センチ、横365センチ、3年生が縦83センチ、横240センチの和紙に向かい、それぞれ周囲を取り囲むようにして地元の風景を墨とアクリル絵の具で描いた。風景は山、川、空、建物などで、絵の具の色は赤、青、黄…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文707文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです