メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ガンカモ類

県内冬季、5万羽 例年並みに回復 /島根

宍道湖周辺で羽を休めるコハクチョウの群れ=松江市古志町で、長宗拓弥撮影

 県は、県内に冬季に生息する野鳥のガンカモ類(ガン、カモ、ハクチョウ)の今年の生息調査の結果をまとめた。前年より1万1819羽増の5万7061羽を確認した。県鳥獣対策室は「前年が極端に少なかった。今年は例年通りに推移している」としている。

 調査は1月14日に宍道湖や中海、高津川など7地域で実施。県や日本野鳥の会県支部などの27人…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです