メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TPP11

解体の危機克服、3月署名へ 米通商圧力に対抗

TPP11の交渉の経緯

 トランプ米大統領の環太平洋パートナーシップ協定(TPP)離脱宣言から1年。米国を除くTPP参加11カ国は23日、新たな協定(TPP11)の署名式の開催で合意した。巨大市場を抱える米国の離脱で一時は空中分解の危機に直面したが、日本が主導する形でTPPの枠組み維持にこぎ着けた。妥結の背景には「自国第一主義」を掲げるトランプ政権からの通商圧力に対抗したいとの各国共通の思惑があった。

 「早期署名にはカナダの説得が必要だ」「分かった」。1月5日、安倍晋三首相と電話協議したメキシコのペ…

この記事は有料記事です。

残り1701文字(全文1941文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです