メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

ノーベル平和賞授賞式を取材して 核禁止条約生かす道探れ=竹下理子(広島支局)

 「諦めるな。動き続けろ。光の方にはっていけ」。昨年12月、北欧ノルウェーのオスロ。核兵器禁止条約の採択に尽力した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)へのノーベル平和賞授賞式で、広島で被爆したサーロー節子さん(86)=カナダ在住=が核廃絶を求めてこう訴えるのを、私は現地で取材し、胸をつかれた。同時に「唯一の戦争被爆国」を掲げながら条約に反対の立場を取る日本政府の姿勢を改めて疑問に思った。政府は再考すべきだ。それを後押しするため、国民一人一人にサーローさんの演説をかみしめてほしいと願う。

この記事は有料記事です。

残り1844文字(全文2097文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです