メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

決定会合 緩和縮小観測、けん制 超低金利政策を維持

 日銀は23日開いた金融政策決定会合で、短期金利をマイナス0・1%、長期金利(10年物国債利回り)を0%程度に操作する現行金融政策の維持を賛成多数で決めた。記者会見した黒田東彦総裁は、「現在の強力な金融緩和を粘り強く続けることが日本経済にとって必要」と述べ、金融市場にくすぶる日銀の早期の金融緩和縮小観測を強くけん制した。

 金融市場では今月9日、日銀が金融緩和の一環として定期的に買い入れている長期国債の額を減らしたことを受け、「金融緩和の縮小が近い」との観測が浮上。国債の需給が緩むとの思惑で長期金利が上昇(国債価格は下落)し、外国為替市場でも円高・ドル安が進んだ。円相場は現在も減額前より2円超高い1ドル=110円台で推移している。

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文973文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです