メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

湯本貴和さん=設立半世紀を超えた京都大霊長類研究所長

湯本貴和さん

 ヒトはどこから来て、どこに行くのか--。人類のルーツを探る京都大霊長類研究所が設立されたのは1967年。世界の研究をリードしてきた。霊長類の社会から、脳神経系の研究までさまざまな角度から「エピソード的なもの」を積み重ねたのが、これまでの半世紀という。第13代所長として、「次の50年に必要なのは知見の統合。ゲノミクス(ゲノムと遺伝子の研究)をベースに体制を作りたい」。

 田舎での少年時代、川で魚を捕って観察したのが原点。大学院では「植物と動物の共生関係」の研究にのめりこみ、樹上での観察や標本採取のため「木登り」が仕事に。鹿児島県の屋久島で木から転落した時は一晩中気を失い、ボルネオでは30メートルの高さで枝にザイルが絡まり宙づりになったことも。現在は「霊長類の食べ物とすみかの研究」で熱帯雨林に出掛ける。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文690文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  2. 海王星に猛毒青酸ガスの帯 赤道付近の上空 東大研究チームなど発見

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. 宇宙新時代 スター・ウォーズが現実に? 衛星破壊、ISS無断接近…戦闘領域化する宇宙

  5. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです