メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

市場はどこまで先が読めるか=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 世界の政治情勢をはじめ先行き不透明感が強まっている一方で、内外株式相場は軒並み高値を更新している。投資家の先行き不安感を示す価格変動ぶり(ボラティリティー)も極めて低水準である。先行き不確実な様相が濃くなっているのに株高が続き、投資家は楽観的なのはなぜだろう。

 株式市場は先読みが得意だと言われている。例えば政策変更に伴い、先行き為替相場がどう動き、それを株価にどう反映させるか、などは得意中の得意である。しかし、最近の国際政治情勢のように、先行きの経済的帰結やその可能性の程度が皆目見当のつかないものは、相場に織り込みようがない。先読みする株式相場が平穏裏…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文700文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京王線、小田急多摩線が一時運転見合わせ 沿線で火災
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 京アニ火災 33人の死亡確認 平成以降最悪 第1スタジオ、18日朝はセキュリティー解除
  5. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです