メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本はともだち

パンの缶詰作ったお店の挑戦物語 阪神大震災の被災者の声きっかけ

パンの缶詰について語る秋元義彦さん=東京都渋谷区猿楽町の代官山蔦屋書店で、坂根真理撮影

 備蓄食となる柔らかいパンの缶詰を開発した栃木県の小さな町のパン屋さんの挑戦を紹介した児童書「世界を救うパンの缶詰」(ほるぷ出版)が昨秋刊行され、話題になっている。【坂根真理】

 「おいしくて柔らかくて、無添加で長期保存ができるパンの缶詰を作りたかった」

 栃木県那須塩原市にあるパン屋「パン・アキモト」社長の秋元義彦さん(65)は、12日夜に東京都内で講演し、パンの缶詰作りに挑戦した日々を振り返った。

 きっかけは、1995年1月17日に発生した阪神大震災。秋元さんは「被災した方のために何かしたい」と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏握手の作家ら「ご招待」? 桜井よしこ氏ら 「打ち合わせなし」
  2. 慣例通り仏料理 牛ステーキ 宮中晩さん会 トランプ大統領迎え
  3. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. 医師の過労死認め病院に1億6700万円支払い命令 長崎地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです