メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
南洋戦訴訟

「国の責任なし」 那覇地裁判決、民間人賠償認めず

 太平洋戦争中にパラオやサイパン、グアムなどの南洋諸島やフィリピンに移住して戦争に巻き込まれ、家族を亡くしたり、負傷したりした住民や遺族44人が、国を相手取って1人当たり1100万円の損害賠償と謝罪を求めた訴訟で、那覇地裁(剣持淳子裁判長)は23日、請求を棄却した。全面敗訴の内容で原告側は控訴する方針。

 原告側は、国による戦争行為で南洋諸島が戦地になったにもかかわらず、国は国民を保護する義務を怠って住…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文560文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです