特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦A級順位戦 広瀬章人八段-久保利明王将 第40局の2

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

広瀬の新工夫

 図は角交換の直後、[後]3三角と据えたところ。記者は[後]3三角と打った意味がわからなかった。[先]6六歩なら[後]6四歩から[後]6五歩と玉のコビンを狙う手が厳しいが、[先]6六角と合わされて[後]同角[先]同歩となった本譜はわざわざ[先]6六歩と突かせた理屈なのだ。

 実は本局は一昨年の王将戦リーグ、深浦(先手)-久保戦と同じ進行をたどっている。久保がわずか1分で[後]3三角を決断したのもその経験があったからだろう。この将棋は[先]6六同歩の形にしたことで後に[後]4九角と打つ筋が生じた。この辺が将棋の面白いところで、あえて一手指させることが有利になる場合が多々ある。一手に絶対的な価値がある囲碁では考えられないことだ。

 [後]3三銀から[後]2二飛に[先]1六歩と突いて、深浦-久保戦と離れることとなった(深浦の着手は[先]7八金上)。この[先]1六歩が[後]2四歩に[先]1七桂を用意した広瀬の新工夫。「これで何をやればいいのかわからなくなってしまった」と久保。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文864文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集