メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

高齢者の多剤服用、防ぐには

服用せずに自宅に残された大量の薬=岐阜県内の高齢者宅で(画像の一部を加工しています)

 1度に5~6種類以上の薬を服用する高齢者は多い。どれも必要な薬剤ならよいが、中には不要な薬を漫然と飲み続け、副作用が生じるケースもある。高齢者の多剤服用の解消にどう取り組めばよいのか。

 ●重い副作用も

 高齢者の多剤服用問題に取り組む病院がある。国立病院機構栃木医療センター(宇都宮市)のポリファーマシー外来だ。簡単に言えば、高齢者が服用している薬剤をチェックして、必要性を再検討する外来だ。ポリファーマシー(ポリは「多い」の意味)は一般に多剤服用または多剤併用と訳されている。何剤から多剤と言うかの定義はないが、一般には5~6剤以上を指す。

 きっかけは4年前に入院した80代の女性患者だった。心臓や腎臓に疾患をもち、すでに10種類近い薬を飲…

この記事は有料記事です。

残り1844文字(全文2165文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです