メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Country・Gentleman

楽しみな客人を迎える季節=C・W・ニコル

結氷したアファンの森にある弥生池=長野県信濃町で、C・W・ニコル・アファンの森財団提供

 <カントリージェントルマン>

 今、ひとり書斎にいる。母屋から100メートルほどの距離にある建物の3階だ。2階は私用のジムで、物置代わりの1階は、以前はアファンの森財団の事務所だった。本日は快晴。正面の窓は南向きなので、裸木の間から差し込む光のまぶしさにブラインドを下ろした。夏には青々とした葉が茂り、涼しい木陰を作ってくれるのだが。右手にも窓があり、下を流れる鳥居川を眺め、瀬音を聞くことができる。そのかなたにそびえるのは白銀の衣をまとった黒姫山だ。

 わが家はこぢんまりした木造家屋で、1983年当時の建築費は1000万円ほど。コンクリートの基礎部分…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1133文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです