メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バイオエコノミー

資源転換、化石から生物へ 欧州で広がる温暖化対策

 持続可能な社会を目指して、私たちの身の回りにあふれる化石資源で作られた製品を、再生可能な生物資源で作ることを目指す「バイオエコノミー」という考え方が欧州で広がっている。昨年12月にヘルシンキで行われたサミットの様子とともに、欧州の現状を報告する。

 ●サミットに500人

 「森林を活用したバイオエコノミーを可能にする科学と、産業とを結びつけて提供していく時代にさしかかっている」

 フィンランド・ヘルシンキ市内の会議場で、昨年12月14日に開かれた「バイオエコノミー投資サミット」…

この記事は有料記事です。

残り1280文字(全文1519文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. アジア大会 時計壊れ、国旗落ち、名前誤り…トラブル続出
  4. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです