メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

禁煙

治療の道拡大 補助薬の成功率3~4倍 保険適用、若い人にも

禁煙外来の診察では呼気の一酸化炭素濃度を測定し、禁煙できているか確認する=東京都新宿区の東京女子医大で

 新年が始まり「今年こそは禁煙を」と目標を立てる人もいるだろう。国レベルで受動喫煙の対策強化が議論され、病気の予防や医療費抑制の観点からも、禁煙への関心が高まっている。禁煙治療とその効果、支援策をめぐる最近の動きを紹介する。【下桐実雅子】

 たばこがやめられないのは意志が弱いのではなく、ニコチンの依存症だからだ。公的保険で禁煙治療を受けられるのは(1)禁煙を希望し、ニコチン依存症の診断テストで5点以上(表参照)(2)1日平均の喫煙本数と喫煙年数をかけた数が200以上--の要件を満たす人だ。2016年からは、35歳未満の人は(2)の条件が外され、喫煙年数の短い若い人も保険で治療できるようになった。

 東京女子医大で禁煙外来を担当する阿部真弓医師によると、体調不良や職場で喫煙しにくい環境になって初め…

この記事は有料記事です。

残り2093文字(全文2443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  3. 三重南部で猛烈な雨 尾鷲市で9353世帯に避難指示

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです