メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祭典の裏側

ロシアW杯まで5カ月/2 国内リーグ、課題が山積

ロシアプレミアリーグのディナモ-ロストフの試合では珍しく子供の観客もいた=モスクワ郊外のヒムキで2017年12月2日、丹下友紀子撮影

 軍隊のチームとして出発したCSKAモスクワ、労働組合を起源とするスパルタク・モスクワ、警察のチームだったディナモ・モスクワ、鉄道のロコモティフ・モスクワ……。旧ソ連時代からのロシアの名門サッカークラブだ。現在はどのクラブも国家組織との関わりはないが、かつては国のシステムがこれらのクラブの繁栄に大きな影響を与えていた。

 スポーツ評論家のデニス・イサエフさん(48)は「能力のある選手が軍隊や警察のチームに集まった」と説…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです