メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

祭典の裏側

ロシアW杯まで5カ月/2 国内リーグ、課題が山積

ロシアプレミアリーグのディナモ-ロストフの試合では珍しく子供の観客もいた=モスクワ郊外のヒムキで2017年12月2日、丹下友紀子撮影

 軍隊のチームとして出発したCSKAモスクワ、労働組合を起源とするスパルタク・モスクワ、警察のチームだったディナモ・モスクワ、鉄道のロコモティフ・モスクワ……。旧ソ連時代からのロシアの名門サッカークラブだ。現在はどのクラブも国家組織との関わりはないが、かつては国のシステムがこれらのクラブの繁栄に大きな影響を与えていた。

 スポーツ評論家のデニス・イサエフさん(48)は「能力のある選手が軍隊や警察のチームに集まった」と説…

この記事は有料記事です。

残り859文字(全文1069文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです