インフルエンザ

感染の90代患者死亡 岐阜・郡上市民病院

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 岐阜県郡上市の郡上市民病院(片桐義文院長)は23日、入院患者ら50~90代の19人が院内でインフルエンザに感染し、このうち肺炎で入院していた90代の男性1人が死亡したと発表した。他の18人に重症者はいないという。

 同病院によると、今月11日から18日に3人のインフルエンザ発症者が入院し、個室で隔離…

この記事は有料記事です。

残り124文字(全文274文字)

あわせて読みたい

ニュース特集