イラク・シリア

IS忠誠なお1万人「解放後も一定勢力」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【カイロ篠田航一】過激派組織「イスラム国」(IS)研究で知られるイラク政府顧問のヒシャム・ハシミ氏は1月、米NBCテレビに対し、今もISに忠誠を誓う者がイラクとシリアに約1万人いるとの見解を示した。両国は昨年12月までにISからの「解放」を宣言したが、IS残党によるとみられる散発的なテロは各地で続いている。

 ハシミ氏は、両国で実際に戦闘に参加している人数は1000~1500人と推定。全盛期の約4万5000人からは大幅に減ったが、なお一定の勢力を維持していると分析した。

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文659文字)

あわせて読みたい

注目の特集