メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

雪山、泥流に警戒 噴火活動が続く恐れ

噴火した草津白根山の火山灰で覆われた山。中央はスキー場=本社ヘリから

 草津白根山(群馬、長野県境)の本(もと)白根山で発生した噴火について、気象庁は24日、新たな噴火は確認されていないものの、同日午前0時から同11時までに火山性微動を2回観測するとともに、今後も噴火活動が続く恐れがあるとの見通しを示した。より大規模の噴火が発生した場合、高温の噴出物が積雪を溶かして起こる「融雪型火山泥流」が発生する可能性もあるとして、警戒を呼びかけている。

 小久保一哉・火山活動評価解析官は「(一般的に)噴火活動が1回で終わることは珍しい。ある期間継続して活動すると考えるべきだ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1016文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです