メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
訪日外国人消費

関西で初の1兆円超え 17年26%増

 三菱UFJリサーチ&コンサルティングは23日、2017年の関西でのインバウンド(訪日外国人)消費額(推計)は、前年より26.8%多い1兆1584億円だったと発表した。試算できる12年以降で1兆円超えは初めて。

     関西の消費額は全国4兆4161億円の約4分の1を占める。関西の域内総生産(約84兆円)の1.4%に相当し、0.8%の全国を大きく上回り、関西でのインバウンド消費の存在感の強さを示している。

     関西での外国人旅行者数(推計)は前年比17.8%増の1207万人で、消費額の伸び率は旅行者数の伸び率より9ポイント高い。外国人旅行者1人当たりの消費額が9万6000円と、前年より7.6%増えたためだ。百貨店での化粧品、宝飾品、時計などの消費が好調だった。

     だが、1人当たり消費額は関東と関西ではまだ大きな開きがある。関東は前年比2%増の14万3000円で、関西はその約3分の2にとどまる。三菱UFJリサーチ&コンサルティングは「外国人の高額消費が東京に集中しているのに加え、宿泊料金も東京の方が高いため」と分析している。【宇都宮裕一】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 地震 大阪府北部で震度6弱
    3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
    5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]