南ア

ケープタウン水不足「100年に1度」の危機的状況

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水位が下がり干上がったケープタウン近郊のダム=南アフリカで2017年11月8日、ロイター
水位が下がり干上がったケープタウン近郊のダム=南アフリカで2017年11月8日、ロイター

 【ヨハネスブルク小泉大士】風光明媚(めいび)な観光地として知られる南アフリカ南西部ケープタウンで干ばつによる水不足が深刻化している。「100年に1度」の危機的状況とされ、4月下旬までに枯渇する恐れが高まっている。

 ケープタウンは現在真夏で、乾期(11~3月)の最中。ここ数年は降水量が少なく渇水が続き、2017年初めごろから状況が深刻化していた。地元紙によるとデ・リル市長は今月中旬、このまま雨が降らなければ「4月21日には蛇口から水が出…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集