生活保護受給者

ギャンブル初調査 指導3100件

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

生活費をギャンブルに過度に使用での指導

 厚生労働省は23日、生活保護受給者が生活費をパチンコなどのギャンブルに過度に使ったため指導を受けたのは、2016年度で延べ3100件だったと公表した。受給者にはギャンブルをやめるよう求めたほか、依存症の疑いで医療機関につないだ例もあった。こうした実態調査は初め…

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文375文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集