京大iPS論文不正

文科相、国の研究費返還求める方針

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
助教による論文の不正行為が判明し、記者会見で謝罪する京都大の(左から)山中伸弥iPS細胞研究所所長、湊長博副学長、山本克己副学長=京都市左京区で2018年1月22日午後5時32分、小松雄介撮影
助教による論文の不正行為が判明し、記者会見で謝罪する京都大の(左から)山中伸弥iPS細胞研究所所長、湊長博副学長、山本克己副学長=京都市左京区で2018年1月22日午後5時32分、小松雄介撮影

 京都大iPS細胞研究所の論文不正問題で、林芳正文部科学相は23日の記者会見で、論文の筆頭・責任著者の山水康平・特定拠点助教(36)に対し、国から受け取った研究費の返還を求める方針を明らかにした。

 京都大によると、山水助教はこの研究で約80万円の科学研究費補助金(科研費)を受けている。林文科相は「研…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

あわせて読みたい

注目の特集