メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大iPS論文不正

文科相、国の研究費返還求める方針

助教による論文の不正行為が判明し、記者会見で謝罪する京都大の(左から)山中伸弥iPS細胞研究所所長、湊長博副学長、山本克己副学長=京都市左京区で2018年1月22日午後5時32分、小松雄介撮影

 京都大iPS細胞研究所の論文不正問題で、林芳正文部科学相は23日の記者会見で、論文の筆頭・責任著者の山水康平・特定拠点助教(36)に対し、国から受け取った研究費の返還を求める方針を明らかにした。

 京都大によると、山水助教はこの研究で約80万円の科学研究費補助金(科研費)を受けている。林文科相は「研…

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文281文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです