メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

被害に遭った陸自第12旅団は積雪地部隊

陸上自衛隊第12旅団創立15周年・相馬原駐屯地創設57周年の記念行事で訓練を披露する自衛隊のヘリコプターなど=陸自相馬原駐屯地で2016年4月、吉田勝撮影

 陸上自衛隊第12旅団第12ヘリコプター隊の隊員は23日午前、30人で冬季のスキー訓練をしている最中に噴火の被害に遭った。陸自によると、第12旅団は降雪の多い地域を担当する積雪地部隊の一つで、隊員は雪上で迅速に移動できるよう冬季はスキー訓練をし、年に1回、部内の検定に合格する必要がある。

 23日は午前8時半に草津国際スキー場に到着。複数のグループに分かれて訓練しており、死傷した8人は午前9時50分ごろにロープウエーで山頂まで登り、最初は北側のゲレンデに向かったが、雪崩の危険性を示す表示があったため、同10時5…

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文644文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  2. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  3. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  4. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  5. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです