メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

噴石で陸自隊員1人死亡 11人重軽傷

スキー場のゲレンデ近くで立ち上る噴煙=群馬県草津町で2018年1月23日、スキー客提供動画から

山頂付近の80人救助 本白根山噴火は3000年ぶり

 気象庁は23日、草津白根山(群馬、長野県境)の本(もと)白根山が噴火したと発表した。同庁によると、同日午前10時ごろに鏡池付近で発生した。本白根山での噴火は約3000年ぶり。群馬県などによると、鏡池から数百メートルの草津国際スキー場(同県草津町)に噴石が落下し、スキー場で訓練中だった陸上自衛隊の男性陸曹長(49)が死亡、隊員7人とスキー客4人の計11人が重軽傷を負った。スキー場の山頂付近に外国人客19人を含む約80人が取り残されたが、全員が自衛隊などに救助された。

 防衛省によると、訓練していたのは陸上自衛隊第12旅団第12ヘリコプター隊(同県榛東村)の隊員30人で、8人が飛んできた噴石に当たるなどした。このうち胸を強打した男性隊員1人が死亡。2人が重体、3人が骨折などの重傷を負った。2人は軽傷。

 スキー場では、山頂とふもとを結ぶロープウエーを運行。噴石は山頂駅近くでゴンドラを直撃して窓ガラスを割り、男女の乗客2人が軽傷を負った。噴石はレストハウスの屋根も突き破った。噴石による送電線の切断で停電が発生し、ロープウエーが停止したため、自衛隊がヘリコプターなどでスキー客を救助した。

 気象庁は23日、噴火後に噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)→2(火口周辺規制)→3(入山規制)と段階的に引き上げた。振幅の大きな火山性微動が観測されていたといい、鏡池付近から2キロの範囲では大きな噴石に警戒が必要とした。

草津白根山の位置/噴火警戒レベル3に伴う入山規制

 草津白根山は1983年に水蒸気噴火した。2014年以降、火山ガス由来の成分の濃度上昇が続いていたため、火山活動が活発化しているとして、噴火警戒レベルを2に引き上げていたが、昨年6月にレベルを引き下げていた。今回の噴火前に、事前のレベル引き上げは困難だったとしている。

 今後の火山活動の見通しについて、同庁の斎藤誠火山課長は「噴火規模は大きくなく、継続的に活動している感じではないため、現時点で融雪型の火山泥流などの恐れはないとみているが、引き続き観測し、十分な警戒に当たりたい」と話している。【飯田和樹、前谷宏、杉直樹、西銘研志郎】

草津白根山

 群馬・長野県境に位置する白根山、本白根山、逢ノ峰などの総称。噴火した本白根山は標高2171メートル。いずれも成層火山で、白根山や本白根山の山頂部には複数の火口湖が見られる。周辺には草津温泉や万座温泉があり、噴気活動が盛んで硫化水素による死亡事故例もある。日本百名山などに選ばれ、登山客が多い。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです