メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草津白根山噴火

噴石で陸自隊員1人死亡 11人重軽傷

山頂付近の80人救助 本白根山噴火は3000年ぶり

 気象庁は23日、草津白根山(群馬、長野県境)の本(もと)白根山が噴火したと発表した。同庁によると、同日午前10時ごろに鏡池付近で発生した。本白根山での噴火は約3000年ぶり。群馬県などによると、鏡池から数百メートルの草津国際スキー場(同県草津町)に噴石が落下し、スキー場で訓練中だった陸上自衛隊の男性陸曹長(49)が死亡、隊員7人とスキー客4人の計11人が重軽傷を負った。スキー場の山頂付近に外国人客19人を含む約80人が取り残されたが、全員が自衛隊などに救助された。

 防衛省によると、訓練していたのは陸上自衛隊第12旅団第12ヘリコプター隊(同県榛東村)の隊員30人…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1060文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. イヌサフラン誤って食べた男性が死亡 群馬・渋川
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  5. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです