メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

4Kテレビ、特需の落とし穴 平昌五輪控え、売れ行き好調 受信に専用チューナー必要

テレビ売り場に並べられた4Kテレビ=東京都渋谷区で19日、宮武祐希撮

 きめ細かな映像を楽しめる「4Kテレビ」が売れている。4Kの実用放送開始は12月以降だが、現行の地上波と衛星放送も高画質で見られるため、平昌(ピョンチャン)冬季五輪を控え、家電業界は需要の伸びを期待する。ただ、現在の4Kテレビでは専用チューナーが必要になるなど、混乱を招きかねない懸念がある。【小林祥晃】

 「年末年始は好調でした。売れ筋は50インチ前後の大型4Kテレビ。15万~20万円の価格帯が人気です…

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1424文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです