メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

シニアPlus 「低栄養」を防ぐには 毎日3回しっかり食べて

 「若い頃のように動かないから、粗食でいい」なんて考えていたら大変なことになる。今や65歳以上の約2割が、たんぱく質など体に必要な栄養素が足りない「低栄養」の状態にあるというのだ。筋肉や骨の衰えばかりか、認知機能の低下や死亡リスクにもつながる低栄養。どう防げばいいか。【宇田川恵】

 「ある1人暮らしの高齢男性の自宅に栄養指導に訪ねたら、冷蔵庫には3玉の『ゆでうどん』と卵が1個。それで3日ぐらいもたせるという。めんどくさがって買い物にも行かず、食事にお金をかける必要はないと考えるお年寄りは少なくありません」。そう話すのは、高齢者の食事事情に詳しい駒沢女子大教授で、管理栄養士も務める田中弥生さんだ。

 お年寄りは年齢が上がるにつれて、栄養状態が悪くなる傾向がある。田中さんによれば、食べることにだんだん興味を失うほか、便秘などのトラブルを抱え、トイレの苦労から食事を減らす人も少なくない。かんだり、飲み込んだりする力が弱まる影響も大きい。

この記事は有料記事です。

残り1844文字(全文2263文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  3. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 「突然の出来事で驚きと悲しみで呆然」 竹内結子さんの所属事務所が死亡を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです