メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

シニアPlus 「低栄養」を防ぐには 毎日3回しっかり食べて

 「若い頃のように動かないから、粗食でいい」なんて考えていたら大変なことになる。今や65歳以上の約2割が、たんぱく質など体に必要な栄養素が足りない「低栄養」の状態にあるというのだ。筋肉や骨の衰えばかりか、認知機能の低下や死亡リスクにもつながる低栄養。どう防げばいいか。【宇田川恵】

外出増やし体を動かす/間食でたんぱく質補給/ダイエット志向転換を

 「ある1人暮らしの高齢男性の自宅に栄養指導に訪ねたら、冷蔵庫には3玉の『ゆでうどん』と卵が1個。それで3日ぐらいもたせるという。めんどくさがって買い物にも行かず、食事にお金をかける必要はないと考えるお年寄りは少なくありません」。そう話すのは、高齢者の食事事情に詳しい駒沢女子大教授で、管理栄養士も務める田中弥生さんだ。

 お年寄りは年齢が上がるにつれて、栄養状態が悪くなる傾向がある。田中さんによれば、食べることにだんだ…

この記事は有料記事です。

残り1881文字(全文2263文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. 地震 茨城で震度4 津波の心配なし
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 訃報 マサ斎藤さん 75歳=プロレスラー
  5. 英・航空ショー MRJがデモ飛行 存在感アピールへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]