メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「パディントン2」 主人公の敵役の「内なる孤独」表現

 熊のパディントンが人間社会で活躍する映画「パディントン2」で、主人公の敵であるナルシシストの俳優ブキャナンを演じたヒュー・グラントは「僕の中にあるもの、つまり、ナルシシズムと自己嫌悪という性質を使った。他に20代の時に劇場で見知った人たちも参考にしたよ」とユーモラスに語った。

 ブキャナンは屋根裏に隠したいくつもの衣装やカツラを着用してさまざまなキャラクターに変装する。刑務所で奇妙な衣装を着て踊りながら歌う場面も。「ダンスシーンをモニターで見て『僕…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行き場のない「核のごみ」 国内最終処分、議論も始まらず
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 大阪市立科学館 リニューアル リアルな星空を再現 高性能の投影機話題に /大阪
  4. 被爆遺構の本格発掘始まる 広島平和記念公園内
  5. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです