メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
震災7年・とうほくの今

「釜援隊」総括への取り組み 日本IBM、釜石市長に報告 /岩手

釜援隊の活動成果などを野田武則市長(後列左から4人目)に報告した日本IBMと釜援隊のメンバー=釜石市役所で

市民に提供した価値の定義/「残すべき」「終了」の活動整理/今後の展開方法と財源検討

 東日本大震災からの復興に向け、釜石市の農林漁業の振興やまちづくり、住民福祉など幅広い分野で官民協働による課題解決を担う「釜援隊」(釜石リージョナルコーディネーター)。活動をサポートしている日本IBMは、任期が終わる2020年に向けて活動成果を総括するための取り組みをまとめ23日、野田武則市長に報告した。

 多くの自治体が総務省の財政支援を受けて地域おこし協力隊員を迎える中、釜石市は13年、同省の復興支援…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文864文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです