メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・とうほくの今

「釜援隊」総括への取り組み 日本IBM、釜石市長に報告 /岩手

釜援隊の活動成果などを野田武則市長(後列左から4人目)に報告した日本IBMと釜援隊のメンバー=釜石市役所で

 東日本大震災からの復興に向け、釜石市の農林漁業の振興やまちづくり、住民福祉など幅広い分野で官民協働による課題解決を担う「釜援隊」(釜石リージョナルコーディネーター)。活動をサポートしている日本IBMは、任期が終わる2020年に向けて活動成果を総括するための取り組みをまとめ23日、野田武則市長に報告した。

 多くの自治体が総務省の財政支援を受けて地域おこし協力隊員を迎える中、釜石市は13年、同省の復興支援員制度を活用して独自に釜援隊を導入した。商社や国際機関、マスコミなどで勤務経験のある26人(現在14人)が、市と住民や企業、NPOなどとの調整役として活動してきた。

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井夫妻逮捕で募る首相への疑惑 「1億5000万円」を説明せよ

  2. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  3. 大宮・南銀のキャバクラ全従業員にPCR検査へ 100軒が対象 さいたま市

  4. 岐阜と長野に大雨特別警報 レベル5、最大級の警戒を

  5. 官僚も憤る電通「中抜き」の構図 源流にあの「官邸官僚」と民主党時代の決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです