メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・とうほくの今

「釜援隊」総括への取り組み 日本IBM、釜石市長に報告 /岩手

釜援隊の活動成果などを野田武則市長(後列左から4人目)に報告した日本IBMと釜援隊のメンバー=釜石市役所で

市民に提供した価値の定義/「残すべき」「終了」の活動整理/今後の展開方法と財源検討

 東日本大震災からの復興に向け、釜石市の農林漁業の振興やまちづくり、住民福祉など幅広い分野で官民協働による課題解決を担う「釜援隊」(釜石リージョナルコーディネーター)。活動をサポートしている日本IBMは、任期が終わる2020年に向けて活動成果を総括するための取り組みをまとめ23日、野田武則市長に報告した。

 多くの自治体が総務省の財政支援を受けて地域おこし協力隊員を迎える中、釜石市は13年、同省の復興支援…

この記事は有料記事です。

残り620文字(全文864文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  3. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  4. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  5. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです