インフルエンザ

大流行 姫路市が予防を呼びかけ /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 姫路市内でインフルエンザが大流行している。市は24日、定点観測している医療機関19施設の1週間(1月15~21日)の1施設あたりの平均患者数が、市町合併(2006年)後、最多の88・47人となった、と発表した。今後も患者数が増える見込みで、市は「人混みは避け、手洗い、水分補給を徹底してほしい」と予…

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文286文字)

あわせて読みたい

ニュース特集