メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚ワールド

タカラヅカ 花組「ポーの一族」上演 漫画家・萩尾望都氏、名作を初ミュージカル化 /兵庫

少女漫画「ポーの一族」のキャラクターを忠実に演じる。エドガー役の明日海りお(左から2人目)、メリーベル役の華優希(中央)ら=宝塚大劇場で

吸血鬼の孤独と哀しみ

 宝塚歌劇団花組が宝塚大劇場で、ミュージカル「ポーの一族」(脚本・演出、小池修一郎)を上演している。少女漫画界で幅広い世代から支持を集める漫画家、萩尾望都氏の名作を初めてミュージカル化した。吸血鬼「バンパネラ」になり、年を取らず永遠の時を生きる主人公、少年エドガーを花組トップスターの明日海(あすみ)りおが演じる。【文・小寺裕子、写真・山田哲也】

 エドガーは赤ん坊だった妹のメリーベル(華(はな)優希(ゆうき))と共に、イギリスの片田舎の森に置き…

この記事は有料記事です。

残り344文字(全文577文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです