安倍首相

平昌開会式出席 日韓合意、履行要求へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 安倍晋三首相は24日、2月9日に行われる韓国・平昌冬季五輪の開会式に出席する意向を表明した。訪韓時に文在寅(ムンジェイン)大統領と会談する方向で、慰安婦問題に関する2015年の日韓合意の着実な履行を直接求める考えだ。(3面にクローズアップ、5面に首相発言全文)

 首相は24日の衆院本会議で、文氏との会談について「北朝鮮に核・ミサイル計画を放棄させるため、圧力を最大限まで高めていく方針からぶれてはならないことを直接伝えたい」と訴えた。

 また、「慰安婦合意について日本政府の考え方を明確に伝えていきたい。韓国側に約束を誠実に履行していくよう働きかけていく」と語った。首脳会談では、合意は「最終的かつ不可逆的」だと指摘し、履行を求める模様だ。

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文621文字)

あわせて読みたい

注目の特集